FXへ金持ちを参加させ、余裕資金で取引すべき

By: Tax Credits

FXにはなるべく金持ちの偉そうな人に参加させたほうがよいかもしれません。金持ち系の人はたいてい会社に行ってもろくな仕事をしていないから、FXでお金を吸い取ってやることが大切です。無用な人に無駄に貯蓄されたお金をどんどんFXに流し込んで、ロスカットで破綻、これがある種のFXの役割です。とはいえ、金持ちが投資で当ててしまうとますます金持ちになっていくのも事実です。できるだけ長い間、FXをやってもらって滞在期間を長くしてもらう必要があるでしょう。

FXは貧民向きの金融システムではありませんが、30万円ぐらいからでものちのち数百万円、数億円の規模にのし上げているトレーダーがいるようだから、金持ちになれるかもしれないそんな期待を持つことができます。貧民も金持ちと同様の金融システムの中で売買することができます。貧民がFXで負けてしまったら、余計にだめになるから、おすすめしません。なによりお金があっての取引だから、小資金で運用することは窮屈です。思う存分に投資することができないのは、まだまだ貯金が足りないということになります。小資金でもできるとは言っていますが、実際上資金が多いぐらいのほうが取引ごとに意義を感じます。小資金ならFXなんてやらずにバイトでもしているほうがよっぽど稼げそうです。

バイトをしてお金を貯めたあとに余裕資金でFXをするのは問題ないし、金融取引にはまっていきます。何度から取引しているうちにコツをつかめてきて勝てるようになっているかもしれません。FXはお金を動かすゲームだから、やる前にお金は要ります。そこのところの準備金はバイトをして貯めるほかなく、30万円ぐらい貯まったところでFXに切り替えるという流れになります。経験が浅いうちは負けやすく、1回目の30万円はふっとんで0円になってしまうのはつかの間のことです。経験を増やしていけば、その次からは負けにくくなっているかもしれません。