月収が数百万円、という証拠画像がネット上にあり

By: Jun Seita

とあるニート20年目という人が、280万円から翌月に667万円にしたらしく、噂になっています。アフィリエイトでは月収8万円が限界のようですが、これは387万円だから、強烈な稼ぎっぷりです。証拠画像をアップしており、口座の預金額のところに667万円と書いてあります。この画像は何なのか気になります。いったいどうやって、そんなに稼げたのか。画像の中には、現在のレート106.7とあります。High1.75倍、Low1.75倍。わかる人にはわかると思います。ポンド円、豪ドル円、ポンドアメリカドル、豪ドル米ドル。

これだけ稼げれば、やった甲斐ありというほかなく、たった1ヶ月で大きな成果を得られている模様です。倍にすると560万円だから、倍以上になったということがわかります。同じ取引システムを使っているユーザーがいるらしく39万円と表示されています。それぞれ入金額が異なれど、市場に参加できるようになっていて、オンラインゲームを彷彿とさせます。ネットさえあればこうした取引ができるということで、面白みがあります。

この取引をやっていなかったころは、ぜんぜん知らなかったことだから、何年も前から続いていたとはにわかに信じがたいことです。リーマン~というニュースを聞いたことがありますが、なんのことかさっぱりわからなかったし、そんな1社のことで影響を受けるものなのかどうか、不思議に思っていました。やっているうちに、なんとなくわかってきます。これにはまっているうちは、他の余計なことにお金を使わなくなって、経済事情に詳しくなれるし、メリットもあるものです。

主な取引パターンには2つあり、上記のものは時間差で取引するものです。市場は同じで、時間差によらないものもたいへんユーザーが多くなっています。全国には数十万人と取引している人がいて、儲けられる機会があるものです。どうやって稼げたのかについては、上記の場合も教えられないとのことです。