バイナリーオプションを安全に行うには業者比較が重要です

By: Gabor Kiss

株取引やFXといった投資に挑戦してみたいけど、色々と覚えるべき事が多くて手が出ないという人は少なくありません。実際、投資というのは実際にお金を使って行うため、仕組みもろくに分からずに手を出すと、大きな損をする羽目になるのです。だからこそ株価や通貨が、どういった動きをして、どういったケースが狙い目か等のコツを覚える必要があります。ですが実際に挑戦しても、目まぐるしく変動する値動きには直ぐにはついて行けなかったりするのです。

ですがそんな中、最近ではルールがシンプルなバイナリーオプションが人気となっています。というのもバイナリーオプションならば、単純に上がるか下がるかを予想するだけ、というシンプルなルールで投資が行えるので、投資初心者の人でも直ぐに始める事が可能です。

ただし現在、バイナリーオプションを扱う業者が増えており、しかも国内だけでなく、海外の業者を使っても取引する事が出来ます。なのでまずは国内業者にすべきか、海外業者にすべきかの比較を行う必要があります。

まず海外業者と比較して、国内業者を利用する利点は、口座への入出金のスムーズさや安心感が高いというのがあります。というのも国内業者ならば、日本語で細かい所まで分かり易く説明してくれている上に、名前を聞いた事のある会社がバイナリーオプションを扱っていたりするので、詐欺の被害に遭うといったリスクを避け易いです。ただし、取引ルールが限られており、一攫千金を狙うという人には向いていません。

一方国内業者と比較して、海外業者の利点は、口座の立ち上げがスピーディーで、申し込んだその日に取引が可能になる業者も珍しくありません。更に海外業者では、上がるか下がるかといったルール以外にも、様々なルールのバイナリーオプションが用意されています。お陰でその時の状況に応じたルールで、取引を行う事が可能です。ですが海外業者であるため、しっかりとバイナリーオプション業者を比較して選ばないと詐欺の被害に遭う等のリスクが高くなります。更にルールが豊富な分、一攫千金を狙ってしまい、逆に大損をするケースも少なくないので、注意が必要です。参考:バイナリーオプション業者を比較

Posted under 未分類

デモから始めるバイナリーオプション

By: ACTAMuc

いきなりお金を使った取引に不安を覚えるのは当然です。損失を出してしまったら、その後の取引のモチベーションにも関わることになりますし、また損失を出してしまうというのは大きな痛手になります。利益を出すには、どんなに初心者でも簡単に取引ができると言われているバイナリーオプションであっても、それなりの知識が必要です。まずは勉強をしてから、バイナリーオプションを始めることをおすすめします。

バイナリーオプションにもデモ取引があります。FX為替取引では良く聞かれるシステムがデモ取引ですが、仮想のお金で取引をすることができますので、たとえ損失を出してもお金が減ることはありません。デモ取引でどんなことができるのかを知ることができますので、バイナリーオプションの雰囲気を味わうことができます。一番最初はデモ取引で行ってみて、バイナリーオプションとはどんなものであるのかを知るようにすると良いでしょう。

ただデモは仮想の取引であり、本当の取引ではありません。実際お金を使った取引と仮想の取引とでは、プレッシャの度合いはまったく異なります。本当のお金を用いた取引は難しいことになることは理解しておきましょう。デモの雰囲気のまま、実際のお金を使った取引で行ってしまうと思わぬ損失を出すことがあります。プレッシャーの質が全く異なりますので、そのことは理解しておく必要があります。

初心者でも取引しやすいことでバイナリーオプションは浸透しました。しかし日本ではギャンブル性が高いと判断されたことで、規制が掛かってしまい、誰でも気軽にできるバイナリーオプションではなくなってしまいしたが、海外の業者では取引をすることができます。このようなことも知っておかなければ、利益に直結しませんので、多少の勉強が必要です。まずはインターネットを活用してから、バイナリーオプションについて学ぶことをおすすめします。それから取引を開始するのも遅くありません。

Posted under 未分類

バイナリーオプションでの過去のレートの分析

By: Bobbyjo Birdsong

バイナリーオプションの取引を行うときには、過去の為替レートの分析をすることは必須です。なぜかというと、為替レートは過去の取引が未来の取引に影響をするからです。ある時点の取引が、それよりも後の取引に影響を与えるのなら、過去の取引を分析することによってある程度の予想はできるでしょう。

なぜ未来に影響を与えるのかというと、為替の取引は差金決済が多く行われているからです。例えばドルが上昇すると予想したああい、ドルを買って円を売ります。そして、予想通りにドルが上昇したところでドルを売って円を買い戻すことをします。買えばいずれ売りますし、売ればいずれ買い戻すのが差金決済です。ポジションでトレードすると言うこともあります。

価格が現在の価格で変動していれば、そこで取引が成立していますから、買ったトレーダーと売ったトレーダーがどこかにいるはずです。それらがポジションのクローズである可能性もありますが、エントリーである可能性もあります。エントリーであれば、いずれその反対売買が行われますから、未来に影響を与えることになるのです。

このようなことを考えれば、過去の為替レートを分析することの大事さがすぐに分かるでしょう。バイナリーオプションでは過去の為替レートの取引が非常に重要となってきます。過去の為替レートをどうやって分析すれば良いのかと困る人がいるかも知れませんが、実はその手法はすでに確立されていると言えるでしょう。完全に予想することはできなくても、過去を分析することによってある程度の予想ができます。

その分析手法がテクニカル分析です。テクニカル分析によって過去の為替レートを分析する手法はすでに確立されていて、誰でも利用できるようになっています。バイナリーオプションの契約をすれば、たいていは基本的なテクニカル分析を行うツールを利用できるようになっていますから、勝率を上げるために基礎的な部分だけでも学んでおくべきでしょう。

Posted under 未分類

月収が数百万円、という証拠画像がネット上にあり

By: Jun Seita

とあるニート20年目という人が、280万円から翌月に667万円にしたらしく、噂になっています。アフィリエイトでは月収8万円が限界のようですが、これは387万円だから、強烈な稼ぎっぷりです。証拠画像をアップしており、口座の預金額のところに667万円と書いてあります。この画像は何なのか気になります。いったいどうやって、そんなに稼げたのか。画像の中には、現在のレート106.7とあります。High1.75倍、Low1.75倍。わかる人にはわかると思います。ポンド円、豪ドル円、ポンドアメリカドル、豪ドル米ドル。

これだけ稼げれば、やった甲斐ありというほかなく、たった1ヶ月で大きな成果を得られている模様です。倍にすると560万円だから、倍以上になったということがわかります。同じ取引システムを使っているユーザーがいるらしく39万円と表示されています。それぞれ入金額が異なれど、市場に参加できるようになっていて、オンラインゲームを彷彿とさせます。ネットさえあればこうした取引ができるということで、面白みがあります。

この取引をやっていなかったころは、ぜんぜん知らなかったことだから、何年も前から続いていたとはにわかに信じがたいことです。リーマン~というニュースを聞いたことがありますが、なんのことかさっぱりわからなかったし、そんな1社のことで影響を受けるものなのかどうか、不思議に思っていました。やっているうちに、なんとなくわかってきます。これにはまっているうちは、他の余計なことにお金を使わなくなって、経済事情に詳しくなれるし、メリットもあるものです。

主な取引パターンには2つあり、上記のものは時間差で取引するものです。市場は同じで、時間差によらないものもたいへんユーザーが多くなっています。全国には数十万人と取引している人がいて、儲けられる機会があるものです。どうやって稼げたのかについては、上記の場合も教えられないとのことです。

Posted under 未分類

私の経験からいちばん簡単で儲けられる手法

By: andrechinn

FXには様々な手法があります。誰もが知っている方法から、個人個人の独創的な手法まで様々です。もちろん、一長一短があり勝つ事もあれば負ける事もあります。FXに参加することがメインで、負けてお金を失っても良いのなら、どんなやり方でも良いですが、最終的にお金を稼ぐ事が目的なら、この手法を試してみて下さい。FXをしている大半の人は、普段何かしらの仕事をしているはずです。専業で儲けている人は、本当に極僅かです。数パーセントが良い所でしょう。仕事をしているという事は、普段はチャートをみる事ができません、もちろん仕事が終わった夜から参戦をするという人も多いですが、日本の夜はアメリカやヨーロッパが活発に取引をします。値動きが大きくなり、重要な指標も発表され値が荒く動くのです。

大半の人が負けるFXで、敢えてそんな時間に取引をするのは愚の骨頂です。昼間の仕事で疲れ、集中力が切れている時に冷静な判断を毎日続ける事は困難なのです。昼間は仕事をして、夜のFXで常に稼いでいるという人は、大嘘つきかデモトレード、または本当の投資の天才のどれかです。天才の可能性は圧倒的に低いので、残り二つのどちらかと判断できます。

そこでお勧めの手法があります。平日や昼間は働いていて、かつスマホなどで取引できる環境にある前提で言います。月曜の窓明け手法、これに尽きると思います。これには多くのメリットがあります。まず、取引回数が週に1度しかありません。儲かる手法が確立していない場合は、できるだけ取引回数が少ない手法を試すべきなのです。そしてその手法の問題点や改善点を自己分析し、新たな手法や独自に手法に切り替えるべきです。また、窓がない場合は、取引をしない余裕が必要なのです。

決済ポイントと損切りポイントも明確で、また月曜で窓が開いた場合はそれを埋めるように動く習性が強いので、それを利用すれば良いのです。これだけで、まだ不満があるなら後は独自にアレンジをするべきです。取引通貨を変えて、決済ポイントを窓のやや手前にして利益を多少少なくする。これらを変えるだけでも、勝率がさらにアップするはずです。

Posted under 未分類

FXへ金持ちを参加させ、余裕資金で取引すべき

By: Tax Credits

FXにはなるべく金持ちの偉そうな人に参加させたほうがよいかもしれません。金持ち系の人はたいてい会社に行ってもろくな仕事をしていないから、FXでお金を吸い取ってやることが大切です。無用な人に無駄に貯蓄されたお金をどんどんFXに流し込んで、ロスカットで破綻、これがある種のFXの役割です。とはいえ、金持ちが投資で当ててしまうとますます金持ちになっていくのも事実です。できるだけ長い間、FXをやってもらって滞在期間を長くしてもらう必要があるでしょう。

FXは貧民向きの金融システムではありませんが、30万円ぐらいからでものちのち数百万円、数億円の規模にのし上げているトレーダーがいるようだから、金持ちになれるかもしれないそんな期待を持つことができます。貧民も金持ちと同様の金融システムの中で売買することができます。貧民がFXで負けてしまったら、余計にだめになるから、おすすめしません。なによりお金があっての取引だから、小資金で運用することは窮屈です。思う存分に投資することができないのは、まだまだ貯金が足りないということになります。小資金でもできるとは言っていますが、実際上資金が多いぐらいのほうが取引ごとに意義を感じます。小資金ならFXなんてやらずにバイトでもしているほうがよっぽど稼げそうです。

バイトをしてお金を貯めたあとに余裕資金でFXをするのは問題ないし、金融取引にはまっていきます。何度から取引しているうちにコツをつかめてきて勝てるようになっているかもしれません。FXはお金を動かすゲームだから、やる前にお金は要ります。そこのところの準備金はバイトをして貯めるほかなく、30万円ぐらい貯まったところでFXに切り替えるという流れになります。経験が浅いうちは負けやすく、1回目の30万円はふっとんで0円になってしまうのはつかの間のことです。経験を増やしていけば、その次からは負けにくくなっているかもしれません。

Posted under 未分類